メガネの困ったQ&A

ここでは、メガネに関する 「困った!」 「どうしよう?」 「どうしたら良いの?」 等のご質問やお悩み、ご相談に関してQ&A方式にてご説明していきます。

Q.メガネがズレ落ちて困っているんですが・・・

A.いろいろな原因が考えられますが、使用による変形の場合が多いです。

2_ズレ落ち.jpg写真のようにテンプルが開いてしまっていたり、鼻パッドのあたりが悪かったり、時には前枠部分の変形もあります。

ご来店頂ければいつでも無料で再調整させて頂きますので、お気軽にお申し付けください。

尚、手先が器用な方はご自分で調整される事もありますが、どこか一箇所を調整しただけでは直らない場合もありますし、頻繁に行いますと金属疲労を起こして折れてしまう場合もありますから、ご来店して頂く事をお薦めします。

 

Q.鼻パットが取れたのですが、つけられますか?

A.新しい鼻パットに交換する事が可能です。

3_.jpgメガネの鼻パッドは、ネジが緩んで取れてしまうことがあります。
普通の鼻パッドであれば無料で交換させて頂きますから、お気軽にお申し付け下さい。

ただし、18金の鼻パット、ブランド品の鼻パット、特殊な鼻パット等は有料交換になる場合もありますので、予め、ご了承ください。

 

Q.鼻パッドが汚れてしまったのですが・・・

A.洗浄、もしくは交換になります。 

4_パッド汚れ.JPG汚れが付いているのであれば洗浄してキレイにする事が可能ですが、金属部分が緑色に変色している場合は、緑青(ろくしょう=銅のサビ)と思われますので、パットを新しい物に交換する事をお薦めします。

因みに、長きに渡って緑青は有害とされてきましたが、現在は研究が進み、過剰に摂取しない限り毒性が低いと言われていますので焦らなくても大丈夫です。 
とは言え、メガネを拭くときにパッドが汚れていると気になりますし、その汚れがレンズに付着する場合もありますから、ご来店の際にお気軽にお申し付けください。

 

Q.耳あてが壊れてしまったのですが・・・

A.交換可能な場合もありますが、パーツ取寄せになる場合もあります。

5_耳あて.jpg経年変化でプラスチックが硬化して割れる事があります。 また「ワンコにかじられた」という話もよく聞きます。

修理に関しては、左の写真のようなタイプは交換可能な場合がほとんどです。 ただし、セル手と言われる丁番(前枠とテンプルの繋ぎ目)近くまでセル生地で出来ている物は、有料でのパーツ交換となる可能性が高いです。

また、物によっては修理センターに送って修理する場合もございますので、ご持参頂ければと思います。

 

Q.ネジが直ぐに緩んでしまうのですが・・・

A.ネジの交換や緩み止めを使うと緩まなくなります。

6_.jpgメガネはたくさんのネジが使われているものが多く、しかも、一般的なネジよりも小さいサイズが使われており、使っているうちにだんだん緩んで最後には取れてしまう場合が多くあります。

一度ゆるんだネジは締めても緩みやすく、緩み止めなどの処置をしないとまた直ぐに緩んでしまうというケースがよくあります。 
ご持参頂ければネジの緩み止めの薬剤を付けて、緩みづらくさせて頂いております。

また、サイズの合わないドライバーを使ってネジを締めるとネジ山が潰れてしまう事や、極まれにネジ穴が破損する事もありますので、ご持参いただく事をお薦めします。

※ご注意ください。 
緩みやすいまま使っていると、時にはレンズが外れたり、テンプルが外れたりして事故に繋がる場合がありますので、出来るだけ早くご持参ください。